See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武勇伝

さて、今日は作業進める気力が全く湧いてこない(ゴメンね…)のでちょっと雑談記事でも上げてみましょうか。ここでの武勇伝はズヴァリ「酒」であるw
誤解の無いように先に言っておきますが、この記事での「武勇伝」は「恥」と同義でありますので。

てかね、今現在自分は日常的にはほぼ酒を飲みません。飲まなくなってもう15年ほどになるのかなぁ、たまーに連休になったらビール1,2本たしなむ程度ですね。
だがしかーし、バンドをやっていた頃の私めはそれはもう…w 飯より酒が大事でしたからねwww
アマチュアバンドマンの常としてまぁ財布は常に軽い、もう何日かでバイト代入るでも財布に千円、てな状態でまずビールか焼酎小瓶を買うような奴でした、ハイ。

で、若い時というのは飲み方も無茶である。勿論わきまえて飲む若い方もおられるでしょうが、自分に限って言えばほんとアホやってましたねぇw
で、飲んだら大体べろんべろんになって記憶が無くなるのであるが、さてさてここで過去の自分が一体何をやらかしたのか… ちょっと晒してみましょうww

武勇伝1
アパートの隣に銭湯があったのだが、その店先で泥酔して寝た。ちなみに思いっきり営業時間であったw なお記憶がぶっ飛んでいて、これは次の日銭湯に行ったとき大将から聞いた話でようやく判明した事実だった。「お~い、兄ちゃんここ部屋ちゃうでw」とかなんとか声を掛けてもらったら、のそのそと起き上がって部屋に戻っていったそうである。
…これは、マジで恥ずかしかったよママン

武勇伝2
バンド仲間と散々飲んで場所移動時、自分はチャリに乗っていたのだが…古い民家の玄関に突っ込みガラスを大破させた。なお、この家はおばあちゃんが1人暮らしをしていた><
…これはよく覚えてる、突っ込んだ瞬間一気に目が覚めたからねw 時間は夜中の1時か2時ぐらいだったと思う、何事かと出て来たおばあちゃんの顔が忘れられない、ホントあの時はすみませんでした。
なお当たり前だがガラスは弁償、近所のおばあちゃんの馴染みの工務店さんが口をきいてくれてなんとか1万5千円で済みました…。

武勇伝3
真冬、雪が降っていたのだが、この時もべろべろになるまで飲んでからの帰り。次の日ライブがあり、昼には集合の予定だったのだが飲んだ場所がその集合場所(馴染みのライブハウス)にごく近かった。もうお分かりですね、帰るのがめんどくなって雪が積もる夜中、ライブハウスの軒先で寝た。
…まぁよく生きてたなぁとは思いますw 京都だしね、凍死とかまではさすがに無いかとも思うけど。朝になって通りがかった近所のオバチャンが、「アンタ死ぬでw」とあったかいコーヒーをくれたのはいい思い出…w

武勇伝4
飲んでアパートに帰る途中、チャリこぐのがどうにも面倒になって、片道2車線の大通りのど真ん中で1時間ほど寝た。
…真夜中だったからね、車もほとんど通らなかっただろうケド無事で済んで何よりだったね…w しかし、よく通報されなかったもんだとは思います。自力で起きてそのまま帰りましたマル

とまぁ何だかよく分からん武勇伝ではありました、皆もありますよね絶対、大なり小なりねw 中には私など及びもしない特大な何かをやらかしている方もおられるハズ。酒は美味しく頂いて飲まれないようにしましょうねw

…なお、ここには絶対に詳しく書けない特大事項が1つあるのですが…これは本当に生き恥なのでこれ以上は言わず墓場に持って行きます…。犯罪とかではないからね、念の為。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。